ジーナとひとつ屋根のした

ボストンテリアのツンデレ女子 ジーナの日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝ンポから帰ってきたジーナの左目がショボショボしていた日。
散歩にいったポルコが言うには寝起きから目が開いていなかったと
寝ている間に傷つけたのか、寝る前頃に傷つけたのか分からない・・
飼い主として管理不行き届きですね・・・


病院では引っ掻いたような傷があると言われました
三日間のヒアルロン酸の目薬で様子見です
19VtYaUvSeLpf4Y1479087987_1479088025_convert_20161114104847.png

犯人はこの子かもしれないしそうじゃないかもしれないけど
いくら叱ってもジーナへの攻撃が止まないこの頃
ジーナもお尻を引っ張られて怒って吠えるし噛むふりもするようになってきたり
ダメといっても分からない、危ないと言っても分からない
実際に痛い思いをしないと分からない年頃です
昨日も、ジィジチャンと柿取りしていたけど
なんど「危ないからダメ」と言ったことか・・
全く、聞かないけどね~
c__47llZRwKhZg41479088292_1479088311_convert_20161114105217.png

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
前回のブログの翌日だったかな
ポルコからジーナの調子が悪いとメール
ポルコは毎朝出勤前に病院に来ていたので様子を聞くと
寝起きに吐いて、その後は首を垂れながらヨダレを垂らしてウロウロしていると
一人でお留守番のジーナが気になって、バァバと病院を交代してもらってジーナの元へ

クレートから出した時は震えと逆クシャミと首のうな垂れ
それでも寄ってきて顔を舐めようと帰宅を歓迎してくれてるっぽい
今日はかかりつけの病院が休みなので近所の病院に行こうかと様子を見ていて・・
そういえば、数日前に鼠径ヘルニアで病院に行ったとき体温が低めと言ってた!
それに、逆クシャミとヨダレって、ジーナがウンぱくしていた幼少時代も同じようなことがたまにあった!

冬の服を着せて、陽ざしの暖かい外に出したら家の周辺を予想外にも歩く☆
ウンPもりもり
クシャミの時に黄色い汁がちょっと飛んだ!
家に帰ったら震えとヨダレが治っていつもの場所でスヤスヤ寝ました
起きたら朝ごはんも完食☆


逆クシャミは今もするけど元気です
多分だけど、季節の代わりめのせいか、一日に一回は軟便、たまに吐く
だったので 寝起きに吐いた物が鼻に詰まってこんな症状になっていたのかな~っと判断しました
体温が低めの原因は分からないけど、りっ君がいないし飼い主二人はどちらかしか帰って来ない日が続いていたからストレスだったかもしれないね

昨日、りっ君が退院したので今日からは通常生活です
ジーナとりっ君、私たちもお疲れ様の一週間

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

先週からジーナの弟のりっ君が入院中の為
ジーナには寂しい思いをさせています(たぶん・・)

入院準備に帰る前にジーナのヘルニアも受診してきましたが
鼠径ヘルニアの大きさも急を要するようなことはないと
でも、手術は若いうちが良いよとアドバイスもらいました


ジーナのヘルニアのことはりっ君の入院のバタバタが落ち着いたら家族会議することにして保留です
病院の帰りの車でシートにヨダレを擦りつけながら寝落ちしていました
ap230qsGRqaNWDg1444191415_1444191511.jpg

りっ君の退院は今週の金曜日を目標に頑張っています
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

もとから鼠径ヘルニアのあるジーナちゃん
昨日、散歩の後に気が付いた変化!


あれ!? こんなに大きかったっけ!?
ZndqqhnO1HCKOkL1441858767_1441858807.png

ヒート中はおパンツ生活もあって気が付かなかったけど
いつから大きくなっていたんだろう
自覚症状なし 排便状態も良好
受診のタイミングを思案中
4JbFIxl5mmOCpVs1441858695_1441858736.png

う~~ん、ヘルニアも手術なんてことになったら
また心配のストレス生活か~
これって大きい方なのかな~~
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

ブログがお久しぶりになっていますが
みんな元気です! とは言えず・・
保育園の洗礼を受けた息子から母親へ さらに遅れて父親へと感染拡大
私なんて初救急車乗っちゃいましたよ
元気なのはジーナだけw

そんなわけで、私が体調不良の間に
野良ネコドンちゃんの断尾手術が終わりました
一泊して帰ってきてご機嫌
ゴロゴロ言って離れません


術後からご飯も食べるし、看護師さん達に愛想もふりまくし
可愛がられていたそうです
相変わらず、野良とは思えない懐っこさです
0jVSTu891Tk6ysP1432084625_1432084661_convert_20150520101952.png


ここからは手術跡の写真なので苦手な方は飛ばしてください


骨折場所が尻尾の根本だったので
残せるところがなく ジーナよりも短い尻尾になってしまったドンちゃん
先生いわく、綺麗な丸いお尻になりますよって
KsRHJ0c0EBdP2Ui1432084729_1432084765_convert_20150520102033.jpg

そうね~毛が生えそろったら綺麗なお尻かもしれないけど
今の状態は可哀想すぎる
これに比べたら避妊手術のお腹毛無なんかもう笑えないよ
ドンちゃんのプライドを守るためにも他の姉妹ニャンコには会わせないほうがいいんだろうか・・・
毛を刈ってみると、骨折した左足は骨の形おかしいですね
上手に歩けるようになっていても 折れたままくっ付いた足の骨だからね
5AvuIHmrRB8v_WB1432084455_1432084471_convert_20150520102014.jpg

これにて4匹の避妊手術+一匹の断尾手術 すべて終了
2週間後の抜糸で猫を連れて動物病院へ通う生活も終わり
2カ月に渡るこの生活も終わりだ~
あとは、ケガも病気もなく仲良く生きて行ってねニャンコ達☆

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。